Cuminas ACP (Active Content Protection)

重要データのコンテンツセキュリティ

配布後ファイルも閲覧停止・権限を変更できるIRMシステム

 

acp_logo

Cuminas ACP (Active Content Protection)は、重要なPDFデータの情報漏洩対策、ファイル配布先での2次利用防止を目的としたファイル暗号化・コンテンツセキュリティシステムです。
Cuminas ACPで暗号化されたPDFファイルは、閲覧者ごとに閲覧権限(閲覧/印刷/コピー/編集/保存の可否と有効期限)を設定することができ、また文書配布後であってもこれらの閲覧権限を変更することができます。
また、パスワードレス認証やマルチデバイス対応といった革新的な機能により、利用者の負担を減らしながらも安全な運用を実現し、BYOD環境でのセキュリティ対策にも最適です。高い安全性と利便性で、社内外を問わずファイルがどこにあっても・いつでもPDFの閲覧を適切にコントロールできます。

Cuminas ACPの特長

  • パスワードレス認証
  • マルチデバイス対応
  • ユーザーごとのファイル閲覧制限
  • ファイル配布後の閲覧禁止
  • 閲覧有効期限の設定
  • 閲覧状況を追跡
  • オフラインでの閲覧
  • PDF標準の暗号化機能を利用しており、任意のコンテンツ管理システムとの連携可能です

Cuminas ACPの主な機能/メリット

パスワードを使わないことによって安全性と利便性が向上します

暗号化されたPDFファイルを開く際に、ユーザーIDやパスワードを入力する必要がなく、パスワード管理にまつわる多くの問題を回避・改善できます。また、個々のPDFファイルに対する暗号化パスワードは、サーバー上で厳重に管理されており、PDFファイルが流出したとしても、適切な権限を持っているユーザー以外、そのPDFファイルを開くことは出来ません。

指定したユーザー以外はファイルを開くことが出来ません

Cuminas ACPで暗号化されたPDFファイルは指定したユーザー以外に開くことは出来ません。メールの誤配信などのミスによるファイル流出の心配もありません。 ファイルの暗号化と権限設定は、コンピュータのデスクトップでファイルを右クリックするだけで設定することが可能です。簡単操作で作業負担を軽減します。

万一ファイルが流出しても閲覧を禁止することが可能です

Cuminas ACPで暗号化されたPDFファイルはファイルがどこにあってもアクセスをリモート制御することが可能です。例えば、ファイルをユーザーに配布した後に、サーバー上でそのファイルの閲覧、印刷、情報のコピーなどを個々にON/OFFすることが可能です。

有効期限を設定することが可能です

Cuminas ACPでは、PDF標準の暗号化機能では実現できない、有効期限を設定することも可能です。有効期限が過ぎると配布先のユーザーはファイルを開くことが出来なくなります。従来であれば、ファイルの回収をする必要があったようなケースでも、サーバー上での設定を変更するだけで良く、ファイルの回収の必要ながなくなります。

配布した後のファイルの利用状況を追跡可能です

ログ機能を利用すれば、「いつ、だれが、どのファイルを、どのデバイスで」開いたのか確認することが可能です。 アクセス履歴を管理することでファイルの流出を発見したり、流出経路を確認したりすることが可能です。

PDF標準の暗号化機能を最大限に引き出します

Cuminas ACPでは、ISO 32000-1:2008に基づく暗号を利用しています。従って、ACPによって暗号化されたPDFファイルは、既存の文書管理システムや、グループウェアでもそのままご利用いただけます。

オフラインでも利用することが可能です

クライアントプログラムによる認証はネットワーク環境を必要としますが、サーバー上で、一定時間(例えば、1日間)の間はネットワークを利用する認証を必要としないように設定を行うことが可能です。

充実したAPIによるカスタマイズ

サーバーAPIを利用すれば標準のサーバー機能を拡張することが可能です。たとえば、サーバーのユーザーアカウント情報をActive DirectoryやLDAPと連携させることが可能です。また、WindowsやOS X、iOS、AndroidのクライアントSDKもご用意しております。広範囲なプラットフォームにおいて、独自のクライアントプログラムを開発することも可能です。

構成するモジュール群

Cuminas ACPは、サーバーシステムとクライアントアプリケーションから構成されています。

ACP Server

  • PHPベースの認証サーバーシステム
  • 豊富なサーバーAPI(JSONベース)
  • GUIのカスタマイズ
  • 認証機構の連携カスタマイズ
  • Active Directory/LDAP連携など

ACP クライアント

  • ACPサーバーと連携してPDFを暗号化/複合するためのアプリケーション(Windows Vista SP2以降)
    ※iOS向け専用ビューアもご用意しています。

開発者様向け: Viewer SDK

  • 複数のプラットフォームに対応したViewer SDKもご用意しています。(Windows Vista SP2以降/OS X 10.6以降/iOS 6以降/Android 4.0.3以降)

動作環境

ACP Server

Linux Red Hat Enterprise Linux 5.X,6.X、および互換性のあるディストリビューション(CentOSなど)
Apache 2.2/PHP 5.3/MySQL 5.5、(HTTPS必須)
Windows Windows Server 2008/2008 R2/2012/2012 R2
IIS 7.0以上/PHP 5.3/MySQL 5.5、(HTTPS必須)
その他 公的な機関により発行されたSSL証明書のインストールが必須

ACP クライアント

Windows Windows Vista SP2以降
iOS ※ビューアのみ iOS 7以降
その他 サーバーに接続できるネットワーク環境

Viewer SDK

Windows Windows Vista SP2以降
OS X OS X 10.6(Snow Leopard)以降
iOS iOS 6以降
Android Android 4.0.3(API Level 15)以降
その他 サーバーに接続できるネットワーク環境

試用版のお申込み

すぐにでもご利用いただけるACPクラウド版の試用ライセンスをご用意しています。以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

製品価格

Cuminas ACPはオンプレミス版だけでなく、初期投資が不要なクラウドサービスとしてご利用いただくことも可能です。また、既存グループウェアや文書管理システムへの組み込み向けSDKもご用意しております。それぞれの価格、ライセンスについては以下のフォームよりお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

導入事例

acp_logo

クボタエイトサービス株式会社様 – ACPにより”委託先”を含めた個人情報のセキュアな管理体制を構築

上記以外にもCuminas ACPは日本国内でトップレベルのユーザー数を誇る、大手SIer様のセキュリティパッケージシステムにエンジンとして採用されています。またこの他、製造業様、出版社様、各種教育機関様など、多数ご導入いただいております。詳細はお問い合わせ下さい。

製品に関するお問い合わせ

本製品に関してのお問い合わせはこちらのフォームよりお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

いますぐダウンロード

DjVuブラウザプラグイン