クボタエイトサービス様 – ACP導入事例

DMの発送業務における、”委託先”を含めた個人情報のセキュアな管理体制を構築

acp_logo

導入前の課題 ”委託先”での個人情報を自社で管理できれば・・

クボタエイトサービス様では、定期的にDMを発送されています。この業務の一部を外部に委託するにあたり、自社ポリシーに沿った”委託先での個人情報管理”は極めて重要な課題となっていました。

システムでのパスワード認証。しかしいったん委託したファイルは・・・

DMには宛名、住所、識別バーコード、また過去情報を元にした情報などが記載されています。委託先へ委託したファイルはシステムによる管理下を離れ、委託先の管理に委ねることはできますが、万一流出した場合の対策は改善の余地があり、委託先を含めた新たな情報管理体制の構築、情報流出防止策を講じる必要がありました。

課題の解決 委託先を含めたセキュアな情報管理体制の実現

ACPによる暗号化、権限コントロールはこれらの課題を解決しました。ACPで暗号化されたファイルは、情報管理者によって許可された特定の担当者のマシンでしか開くことはできません。また、必要に応じて、印刷・コピーの可否や閲覧期限を設定することが可能です。さらにパスワードレス機能により、煩わしいパスワード入力などによる運用負荷を最低限に抑え、かつ内外部の利用者からのパスワード流出を防ぐといったメリットも提供しています。加えて、情報提供者のメール誤送信といったヒューマンエラーや、受信側のウイルス感染などによるファイル流出といった事態にも対応することができます。

kes_workflow

導入コストは最低限に

今回のACPの導入にあたっては、以下のように導入コストが抑えられた点についてもご評価いただいております。

  • 委託先との業務においてファイル送受信を含めた従来の運用を大幅に変更する必要がなかった。
  • 社内担当者の運用負荷が抑えられた。
    ACPの暗号化、権限設定は簡単に操作でき、一括処理が可能で手間がかからなかった。
    また、設定を登録できるので送信時毎の設定の誤りを予防することができた。
  • 委託先担当者にファイル閲覧時の特別な操作や負荷がかからなかった。
    パスワードレス認証で、権限が許可されている場合はダブルクリックするだけでファイルが開く。
  • クラウドサービスの利用のため、システム導入のための初期投資が不要、かつサーバー構築や管理の負担がなかった。

 

■クボタエイトサービス株式会社 http://www.kes.co.jp/

 

■Cuminas ACPについて http://www.cuminas.jp/products/acp

 

いますぐダウンロード

DjVuブラウザプラグイン